Column
仙台の保険クリニックがおすすめする「万が一」のための生命保険

3.11を前に、
保険に想いを込めて

2023/02/28
保険の見直し 万が一のための保険

東日本大震災からもうすぐ12年が経とうとしています。

あの未曽有の大災害を風化させないために、仙台の保険クリニックでは毎年この時期に、お客様に「保険の大切さ」をより強くお伝えするようにしています。

◆万が一のときに想定される「現金」の不安
あってはならないことですが、被保険者が万が一お亡くなりになったとき、残されたご家族には多額の現金が必要になる場合があります。

地域や参列者の数、ご遺族の考え方などによって変わってきますが、葬儀費用の平均は200万円程度、家族葬などのシンプルな葬儀でも100万円程度は必要になるといわれています。
いずれも少なくない金額です。

しかしながら、亡くなった口座名義人の銀行口座は、相続手続きが終わるまで凍結されるため、基本的には「亡くなった方の口座から預金をおろして使う」ということはできません。

◆保険が果たせる大切な役割
それでは、大きな金額をどのようにして準備すればよいのか…?
その際に利用するものが「生命保険」です。

最短では数日で保険金が振り込まれます。
気持ちの整理がつかない中、お金の心配をしなくてもよいというのは心強いものです。

保険があることによって、お金のことに腐心することなく、亡くなった方をゆっくり心から追悼することができるのです。

◆ご自身の「万が一」に備えて
残されたご家族に負担をかけないためにも、今一度ご自身の最も基本的な保険である「生命保険・死亡保障」に目を向けてみましょう。

「今どんな生命保険だったっけ?」「もらえる保険金はこれで足りるのかな…」などの疑問は、仙台の保険見直し無料窓口・保険クリニックまでご相談ください!
不要な商品をオススメすることは一切ございません◎
ご相談は何度でも無料です。ぜひお気軽にご来店くださいませ。

オンライン相談サービスはこちら
仙台PARCO2店 空き状況のご確認とオンライン予約はこちら
ザ・モール仙台長町店 空き状況のご確認とオンライン予約はこちら
店舗案内